「ほっ」と。キャンペーン

自分の勤務する某私立大学の様子を素材に、アラフォー世代教員の立場から、最近の大学改革の動向や大学教育の在り方について考察するブログ。不定期更新、こちらからの一方的な情報発信のみ。


by gogo0618
ほんとうに「たまらないなぁ」とこのごろ思うのは、教員の授業負担軽減のためにカリキュラム改革案を考え始めたら、そのために会議が増えてしまい、夜、家になかなか帰れなくなってしまったこと。
今、めいっぱい専任教員に授業を負担させているので、教員の都合がみんなそろう時間帯を考えると夜しかなく、夜6時以降に会議を始めれば、順調にいっても毎回の会議に2時間くらいかかると考えると、8時前終了がいいところ。ちょっと中身でもめたら長くなるわけで・・・・。
ちなみに、私は片道の通勤に2時間弱かかる人なので、夜8時に会議が終わって家に帰れば10時過ぎ。
こういうときは夜10時に家に戻って夕食をとるのだが、翌朝1限の授業のために朝7時に家を出ることを考えると、睡眠時間を十分に確保したければ、夕食後すぐに寝なければいけなくなる。
とすれば、夕食時にとった栄養分は消費されることなく体内に蓄積されるわけで・・・・。
その結果、夜の会議が増えれば増えるほど、私の体型は肥満体になっていく、ということである。
そのくせ、大学のほうからは「個人の健康管理」にやかましくなり、健康診断の結果で「メタボリック症候群」の疑いが強ければ強いほど、大学と提携している医療機関からやかましく「やせろ」だの「運動しろ」だの「食事を制限しろ」だの「生活習慣を見直せ」だの言ってくる。
冗談じゃない、私のカラダを太らせていくのは、この勤務体制なのである。
私を肥満体にしていくのは、往復で4時間近い通勤時間と、夜遅くまでの会議という、この生活習慣なのである。
本気で私のような教職員の「メタボリック症候群」をなんとかしたければ、まず医療機関が「夜の会議をやめろ」ということだろう、といいたい。
[PR]
# by gogo0618 | 2007-07-23 11:16 | 私の意見
http://university.main.jp/blog/

このブログを見ていると、全国各地の大学で、大学教員(非常勤講師などを含む)の雇用や労働条件などをめぐって、いろんな問題が起きているようですね。
「うちの大学だけじゃないんだ」と思うと同時に、「これだけあちこちの大学で労働条件や雇用をめぐって問題が起きるとするならば、これはやっぱり、背景要因となる問題があるはず。それってやっぱり、この何年かの国家レベルでの大学改革が引き起こしている問題なんじゃないか?」と思ってしまいます。
[PR]
# by gogo0618 | 2007-06-23 20:15 | 雑感
うちの大学でも、数年前に設置した新しい学科を含め、私の所属学部をもう一度再編しようという計画が持ち上がっています。これは前にも書いた、まるでペットフードのラベルをはりかえて「おいしくなりました」というような、そんな戦略に近いところから出発しているのですが。
もちろん、これにともなって教員配置を見直したり、カリキュラムの変更が起きたりするわけですし、そのために新たな会議を開いたり、書類を書くことも増えたりするわけです。次々に改革をすることによって、教員にさらなる負担増を呼び起こすというのは、こういうことですね。
そして、その改革が度重なってくる、つまり、朝令暮改的に大学改革をやっていると、その改革のリーダー的存在の教員ほど疲れてきます。あるいは、せっかく精魂こめて作り上げてきた新しい学科やカリキュラムを、また何年かたてばすぐに見直し、改変するという作業をしていると、だんだん「まじめにやってるのがばかばかしくなる」という、教員の気分も生まれてきます。
こうして、朝令暮改的な大学改革を続ければ続けるほど、大学教員の意欲は低下し、まともな教員ほど疲れ果てて仕事ができなくなり、その結果、ハデな広報・宣伝のわりには、各大学の中身の面での活性化はますます遠のく、ということにもなりかねません。
こういう大学改革のあり方は、ほんと、さっさとやめてほしいですね。
[PR]
# by gogo0618 | 2007-06-17 16:28 | 私の意見