「ほっ」と。キャンペーン

自分の勤務する某私立大学の様子を素材に、アラフォー世代教員の立場から、最近の大学改革の動向や大学教育の在り方について考察するブログ。不定期更新、こちらからの一方的な情報発信のみ。


by gogo0618

<   2008年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

昨日、ある研究会がおわったあと、仲間の研究者と忘年会をした。
そこにきていたある研究者は、この数ヶ月間、勤務校の上層部から渡された大学改革関連の文科省や各種審議会の文書や、外部評価にかかわる数々の資料を読むことに追われて、ほとんど研究らしいことは何もできなかったと言っていた。
また、その作業に終われる中で、授業や学生対応も手を抜かずに一生懸命やるなかで、心身ともに疲れはて、今は病院通いを続けているという。

もしも今、すすめられている大学改革が、研究者の力量を高めたり、大学教育の質の向上につながっているのであれば、この人も報われることになるだろう。

しかし実際は、こんな感じで、今の大学改革は、

「本来、個々の研究者の持つ才能やエネルギーを、別のところで消耗してつぶしているだけ」

でしかない。

毎年前期と後期の学期末に配布される、意味もない授業評価アンケート。
外部評価に備えて蓄積される膨大な文書と、その文書づくりのための数々のワーキングチーム、そして、会議・・・・。

「こんなことをするために、研究者は大学に雇われているのではない!」

「アホちゃうか、文科省で大学政策を作ってる連中! そのブレーンになってる連中!」


今こそはっきり、そういわなければならない時期が来たように思う。
[PR]
by gogo0618 | 2008-12-21 09:45 | 私の意見