自分の勤務する某私立大学の様子を素材に、アラフォー世代教員の立場から、最近の大学改革の動向や大学教育の在り方について考察するブログ。不定期更新、こちらからの一方的な情報発信のみ。


by gogo0618

朝令暮改的大学改革はまともな教員をつぶすだけ

うちの大学でも、数年前に設置した新しい学科を含め、私の所属学部をもう一度再編しようという計画が持ち上がっています。これは前にも書いた、まるでペットフードのラベルをはりかえて「おいしくなりました」というような、そんな戦略に近いところから出発しているのですが。
もちろん、これにともなって教員配置を見直したり、カリキュラムの変更が起きたりするわけですし、そのために新たな会議を開いたり、書類を書くことも増えたりするわけです。次々に改革をすることによって、教員にさらなる負担増を呼び起こすというのは、こういうことですね。
そして、その改革が度重なってくる、つまり、朝令暮改的に大学改革をやっていると、その改革のリーダー的存在の教員ほど疲れてきます。あるいは、せっかく精魂こめて作り上げてきた新しい学科やカリキュラムを、また何年かたてばすぐに見直し、改変するという作業をしていると、だんだん「まじめにやってるのがばかばかしくなる」という、教員の気分も生まれてきます。
こうして、朝令暮改的な大学改革を続ければ続けるほど、大学教員の意欲は低下し、まともな教員ほど疲れ果てて仕事ができなくなり、その結果、ハデな広報・宣伝のわりには、各大学の中身の面での活性化はますます遠のく、ということにもなりかねません。
こういう大学改革のあり方は、ほんと、さっさとやめてほしいですね。
[PR]
by gogo0618 | 2007-06-17 16:28 | 私の意見