自分の勤務する某私立大学の様子を素材に、アラフォー世代教員の立場から、最近の大学改革の動向や大学教育の在り方について考察するブログ。不定期更新、こちらからの一方的な情報発信のみ。


by gogo0618

きちんと雇用条件を守れ

大学の経営者は、きちんと教員の雇用条件を守れ。それは専任・非常勤を問わず。

ある意味、このブログで私がくりかえし訴えていることは、そのことにつきると思います。
たとえば、ある大学では「最低週3コマ、平均週5コマ」が専任教員の授業負担の基準であるならば、その大学で週9コマとか10コマを負担している教員が何人もいて、ようやくカリキュラムがまわることが常態化していれば、それはそういう条件で教員を働かせているほうがおかしいでしょう。
あるいは、何らかの分野での仕事に限定して採用したはずの教員に、追加で他の業務をさせるのであれば、それ相応の手当を支給するなり、他の学内業務を軽減するなどの配慮をするべきでしょう。
あれもこれも、学内でのいろんな仕事をある特定のできる教員にやらせて、人件費をけちって経営を維持するのは、短期的には大学として得策かもしれませんが、長期的に見たら「よく仕事をする人をすりつぶす速度をはやめているだけ」でしかありません。
非常勤の人にしたって同じで、カリキュラムをひんぱんに変えるようなことをしていれば、非常勤のかけもちで食いつないでいる人は、生活が脅かされてしまいます。
やっぱり、きちんとしたスジをとおして、「そのときそのときの便利づかい」ではない形で、非常勤の人たちの雇用条件を守るための工夫を、各大学の経営陣はするべきでしょう。
なんか、こういう「教員を大事にしない経営」がこのごろ、あちこちの大学の話として見聞きするので、正直、「このままでいいのか?」と思います。
[PR]
by gogo0618 | 2007-05-16 11:29 | 私の意見