自分の勤務する某私立大学の様子を素材に、アラフォー世代教員の立場から、最近の大学改革の動向や大学教育の在り方について考察するブログ。不定期更新、こちらからの一方的な情報発信のみ。


by gogo0618

大学改革に追われて研究ができない?

正直なところ、いま、あちこちの大学で少子化の進展・大学全入時代を前に、いろんな改革が取り組まれていますが、その一方で、「研究ができない教員」も増えています。
これは本人に非があるというよりも、次々に大学をモデルチェンジして、とにかく学生募集のことを真剣に考えたり、あるいはまじめに目の前の学生への対応をしていたりすると、研究に向かう余力がなくなってしまう、という原因によるものです。
要するに、本来であれば大学の教員が研究面にエネルギーを割くべき時間などを学内業務に費やす結果が、こういう形で現れている、ということです。

ただ・・・・、その一方で、少々厳しい言い方かもしれませんが、この手の教員に対して、私は別の思いも持っています。
例えば、大学の専任教員ではなく、非常勤講師のかけもちで食っているような人で、毎年なにか論文を書いたり、研究成果の発表をしたりしている人が、私の身近なところにいます。
こういう人を見ていると、はっきりいって毎日どこかで授業をしていないと食えないわけですから、「よくまぁ、研究成果の発表とか、しっかりやってるなぁ」って思います。
また、私の知り合いには、公立の小中学校や高校の教員で、あるいは地方自治体の職員で、いろんな研究論文や本を書いている人もいます。大学の教員のように一応研究に専念のできる時間が確保されているわけではなく、土曜や日曜ぐらいしか時間の取れない人だと思うのですが、それでも、何か書いているわけですよね。
逆にいうと、研究面で「いたれりつくせり」の環境ではない条件下でも、地道にこつこつ、何かを書いている人がいる、ということです。

そういう人たちのことを考えると、確かに大学改革で、あるいは学生募集の仕事で、いろいろ忙しくて大変だという事情もわからなくもないし、私も「忙しいなぁ」と思ったりもしています。ですが、よくない条件の下でも、なんとかそれを「しのいで」、研究成果を発表していけるような道を探っていくことも、そろそろ必要なのではないかな、という気がしています。
[PR]
by gogo0618 | 2007-03-25 15:43 | 私の意見